はいどーも、とあるYKKです!

今回は勉強中に手元に置いておきたいものをまとめてみました。

集中力を保つためには、手元にあるものが割と重要だったりします。

あと、手元に置いてはいけないものとかもまとめてみました!

それでは、どうぞ!

机の上に置いておきたくないもの

まずは置いておきたくないものです。

①漫画

おそらく最優先で手元からどけるべきものだと思うのが、漫画。

  • 開きやすい 1. やめ時が掴みにくい 1. 面白い

と三拍子揃っていて、勉強中についつい手が伸びてしまいがち。

絶対に手元には置いておかないようにしましょう。

あと、できれば目に見えない所において置くことも大事です。

人間が得る情報の大半は視覚からのものですから、視界の範囲内に娯楽物を置かないのは結構大事。

②スマートフォン

スマホ勉強法どこいった!?

と思われるかもしれませんが、今回言っているのは「通知の山ほどくるスマートフォン」のことです。

やれYoutubeからライブ配信の通知。

やれ友達から休日のお誘い。

勉強中にこんな通知が来たら、集中力を保つのは無理です。

「自分なら出来る!」と思わないでください。

無理なものは無理です。(大事なので二回言いました)

素直に通知を切るか、手の届かない場所においてください。

ただ、正直なところ、「スマホを使った勉強をしない」のであれば、**やはりスマホは手元に置かない方が良いです。

スマートフォンからいろいろな娯楽にアクセスできる以上、やっぱりない方が集中できますね。

③お菓子

これに関しては「ない方がいいかな」程度です。

手も汚れるし、食べることで気が逸れるので、勉強中はできるだけ食べたり飲んだりしない方がいいですね。

ただ、水分はこまめに取りましょう。

喉が渇くと結構集中力が切れる気がするので、水は休憩ごとに取っておきましょう。

なので、オススメなのはペットボトルに水かお茶を入れておき、引き出しに閉まっておくことですかね。

置いておきたいもの

① 水

先程言った通り、ペットボトルとかに水を入れて手元に置いておきましょう。

夏場は特に熱中症になったりするので、こまめな水分補給は大事ですよ!

② 青いもの

じつは、「青いもの」には精神を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。

病院など、静かにして欲しいところでは、青色の配色を使うようにされているんですよ!

逆に、赤色系統のものには興奮させる効果があります。

これに関してはいつ使えばいいのかは僕にはちょっと思いつきませんでしたが💦

まとめ

集中力を保つって、精神論だけじゃないんですよって話をしました!

手元のアイテムによっても、集中力って変わるんですよ。

自分の意思は自分が思ってるより弱いんです。

だから、周りの環境から変えていきましょうね!