IMG_0089
こんにちは。今回もworkflowです。

今回のworkflowは、「行きたい場所を登録して、行きたい時間を選択すると、そこまでの所要時間を考慮してカレンダーに予定を追加してくれる」workflowです。

…え?何を言ってるかさっぱりわからん?よろしい、ならば説明しましょう。

なにこれ?

例えば毎月行ってる歯医者があったとして、15:00に予約をして、自宅からそこに行くまで2時間かかるとします。この場合、15:00に予定を入れるだけでは不十分です。

何分かかるかが分からないと、いつ準備し始めようかとかが分かりませんね?というわけで、このworkflowを使うと、

  • 歯医者本来の時間の15:00
  • 歯医者に行くために出発しないと行けない時間である13:00
  • 歯医者に行く準備をし始める12:30

に、それぞれ予定を入れてくれます。ちなみにこれはほかのブログで、要望があったので作りましたー!

ダウンロード

ここからダウンロードしてください。→Leaving for Where?

使い方

まず、初回起動時に、次の3つを設定する画面が出るので設定してください。

①自宅の都道府県名を入力 

②自宅の市町村区を入力 

③その他の番地を入力

その後、最上段のコメントのとおりに目的地を設定してください。

そうしたら、起動しましょう! 何日の何時、までちゃんと設定してくださいね!

目的地を追加したい時も、同じようにやりましょう。

今日のまとめ

このworkflowは、初めて依頼を受けて作ったものなんです。なかなか思い入れのあるやつです…。