とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

どうも、とあるYKKと申します。現役高校生プログラマー(仮)です。

IMG_0122

皆さんこんにちは、はじめまして、とあるYKKです。
このブログでは「日常生活に自動化を。」をテーマに、workflowやIFTTTなどを配信したりしてます。
それ、自動化しませんか?
当ブログはここから始まりました→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場


こんにちは。

今回は自分のために作ったやつです。

「マークダウンで書いた文章をHTMLに変換する」workflowです。

これだけでわかる人には便利なんじゃないかな(適当)

なにこれ

さて、サイトを作る時にはHTMLを用いるのですが、ほかの書き方もない訳では無いです。

その代表がマークダウンです。

具体的に行きましょう。

見出しだよ

↑の見出しを作るためには、本来ならこんな感じで記述します。

<h3>見出しだよ</h3>

この場合、h3タグで本来の文を挟んでいるわけですね。

しかし、HTMLを使う場合に面倒なことがひとつ。

見出しにしたりリンクにしたりしたい部分の前後を挟まないといけないわけです。

うっかり後ろの指定を忘れると記事全文がリンクになったりします。

一方、マークダウンだと、

### 見出しだよ

というように前だけ指定すればいいです。

文章書くならこっちの方が楽。

僕もマークダウン使ってます。

しかし、ここにも問題が。

当然ながらマークダウンではWebページは作れません。

マークダウンをHTMLに変換する必要があるわけです。

そこでworkflow。

ダウンロード

ここからダウンロードしてください。→ マークダウンをhtmlに変換

使い方

出来たマークダウンスタイルの文章を共有→workflowを起動してください。

一応クリップボードからも起動できるようにメニューを設置しました。

必要に応じて選択してください。

今日のまとめ。

いや、別にHTMLでも高速で書く方法はたくさんあるんですよ?

スニペットアプリ(指定キーワードから定型文を引っ張ってこれる)とか使えばかなり早くなりますし。

でもあいつら高いんだよ!

あとBearが好きなので。

以上!


このブログで初めましてのあなたはこれも読んでみてください→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

今日もとある美しいプログラムの世界から。


追記

workflow紹介のネタが切れた(唐突)
ので、次回からはIFTTT編になります。
っていうかこれネタ切れたらブログ終わるんじゃね?
以上!

IMG_0112


皆さんこんにちは、はじめまして、とあるYKKです。
このブログでは「日常生活に自動化を。」をテーマに、workflowやIFTTTなどを配信したりしてます。
それ、自動化しませんか?
当ブログはここから始まりました→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場



こんにちは。

今日のworkflowは、「Apple信者1億人創出計画」のうぉずさんから許可をもらって紹介させていただきます。

「今見ているサイトのリンクタグを取得する」workflowです。

ブログやってる人からすればすっげえ便利なworkflowです。

うぉずさん、ありがとう!

元記事はこちら→ おすすめWorkflow2.現在見ているWebページのリンクタグを取得する | Apple信者1億人創出計画

なにこれ

HTMLという、Webページを作るプログラム言語の中に、リンクタグというものがあります。

簡単に言えばこんな感じにリンクを貼れます。

IMG_0111


これのためにはまずリンクをコピーして、<a>タグではさんで、名前を登録して、以下略。

めんどくせえ!

こういう文字列をいじるのはworkflowの得意分野です。

IFTTTだと苦手な分野。

ダウンロード

ここからダウンロードしてください。→ Href取得

使い方

サイトを見ている時に、リンクを共有→workflowを起動しましょう。

hrefタグで挟まれたリンクがクリップボードにコピーされます。

今日のまとめ。

こういうのを発想の勝利って言うんでしょうね…


このブログで初めましてのあなたはこれも読んでみてください→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

今日もとある美しいプログラムの世界から。


IMG_0108

皆さんこんにちは、はじめまして、とあるYKKです。
このブログでは「日常生活に自動化を。」をテーマに、workflowやIFTTTなどを配信したりしてます。
それ、自動化しませんか?
当ブログはここから始まりました→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場


今日のworkflowは、昨日のworkflowと一緒に使ってやってください。

やった宿題をカレンダーに登録する」workflowです。

うん、最初の方のworkflowが複雑すぎたんだね。

なにこれ

宿題をリマインダーに登録したところまではオッケー。

しかし、そこからどうしましょう?

リマインダーのタスクは、チェックをつけたら消えてしまいます。

これでは、明日宿題を忘れてしまうのは当然の原理。

というわけで、改善策としてやった宿題をカレンダーに登録すれば、将来の宿題でも通知が来ます。

でも一個一個カレンダーに登録するのはとても面倒臭い。

はい、workflowの出番ですね?(これしか言ってない)

ダウンロード

ここからダウンロードしてください。→やった宿題をカレンダーに登録する

使い方

注意点1、このworkflowは自動で動いてカレンダーに登録してはくれません。

本当はIFTTTでやりたかったんですけど、やったタスクの期日を引数に取れなかったので断念。

リマインダーに、毎日繰り返すようにしてこいつを起動するようにしてやってください。

それか、宿題をやるたびに起動する感じでもいいです。

注意点2、workflowの性質上、同じ宿題が重複して登録されます。

なんでfind calendersが仕事してくれんのや…

まあそんなかんじです。

注意点3、リマインダーに「学校の宿題」というリストを作ってください。

そこのタスクを読み込みます。

あと、初回起動時に、どのカレンダーにリストに入れるか聞いてくるので選択してください。

さて使い方ですが、起動するだけで勝手に登録してくれます。

今日のまとめ

なんか思ってたんと違う…

こちらも一緒にどうぞ→ おすすめworkflow紹介⑦宿題とかやりたいことを一括でreminderに登録【リクエスト】 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場


このブログで初めましてのあなたはこれも読んでみてください→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

今日もとある美しいプログラムの世界から。


IMG_0106


皆さんこんにちは、はじめまして、とあるYKKです。
このブログでは「日常生活に自動化を。」をテーマに、workflowやIFTTTなどを配信したりしてます。
それ、自動化しませんか?
当ブログはここから始まりました→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場


今回のworkflowは、「やりたいことを一括してリマインダーに登録する」workflowです。

リクエストを消化していくスタイル。

個人的にも使ってみたかったので作りましたー!

なにこれ

文字通り、リマインダーにまとめて登録するためのworkflowです。

Apple純正のリマインダーは、とても便利ですよね。

ですが、1つ欠点があって…

たくさんのタスクがある場合、1個ずつ登録するのがとても面倒なのです。

特に宿題とかの場合、期日を1個ずつ登録するのはめんどい。

ので、workflowの出番ですね。

ダウンロード

ここからダウンロードしてください→宿題を登録

使い方

まず、明日の宿題なのか、それとも期日をほかに設定された宿題なのかを選択します。

期日がほかの場合は、その日を設定してください。

そうしたら、タスクを登録する画面になるので、1個ずつ改行して入力します。

最後にもう1ループするかどうか聞かれるので、もう1回最初からやりたい人は「続ける」を、終了する場合「終了」を選択してください。

明日、これに対応している、「カレンダーにやった宿題の期日を登録」を更新するつもりです。

今日のまとめ。

今回、何回もworkflowを起動できるようにしていますが、ここに新しい技術を使ってます。

いままで、repeatコマンドで100回くらいのループをさせることで、何回も起動できるようにしていました。

しかし、今回からは「run workflow」コマンドを用いて、このworkflowからこのworkflowを起動するという本来プログラミングだったら殴られそうな方法を用いてます。

動くからモーマンタイ!
以上!終わり!閉廷!



このブログで初めましてのあなたはこれも読んでみてください→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

今日もとある美しいプログラムの世界から。


追記
7月のpv数が300行ってました。
みなさんほんとうにありがとうございます!
これからもぼちぼち頑張っていきますね。

IMG_0104

皆さんこんにちは、はじめまして、とあるYKKです。
このブログでは「日常生活に自動化を。」をテーマに、workflowやIFTTTなどを配信したりしてます。
それ、自動化しませんか?
当ブログはここから始まりました→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場


今回のworkflowは、URLを短縮してくれるworkflowです。

うん、久しぶりにわかりやすい説明文になった。

そもそもURL短縮ってなんぞ

世の中には、コピペするのも面倒なほどクッソ長いURLが存在します。

例えばこんなの。

IMG_0102


こんなのをLINEのメッセージ欄に貼ったら、友達にドン引きされること間違いなしですね?

そうでなくとも、URLは大体長いもの。

ツイッターの文字制限に引っかかるし、読みにくいし、コメント欄でも幅をとるし←とても重要

実は、世の中にはURL短縮なるサービスがあります。

簡単にいうと、URLを入力すると、とても短いURLにまとめてくれるのですね。

例えばこんな感じ。

IMG_0103


しかし、このサービスを使うためにはいちいちURLをサイトに入力する必要があります。

めんどくさい。
というわけで、こんな時はworkflowの出番です。

ダウンロード

ここからダウンロードしてください→ shorten URL

使い方

このworkflowは、リンクを共有から使うやつです。

なので、まずリンクを長押ししてから共有→run workflow.

そうすると、自動でクリップボードに短縮されたURLがコピーされます。

便利だー!!

そして、これは本来の機能ではないのですが、クリップボードにコピーされているURLも短縮できるようにカスタマイズしました。

ウィジェットからお使いください。

今日のまとめ。

このworkflow、実は僕の使ってる回数はダントツトップです。

本当に使い勝手のいいやつですよ!


このブログで初めましてのあなたはこれも読んでみてください→皆さん、初めまして。の挨拶と当ブログの理念 : とあるYKK(高校生)のプログラム置き場

今日もとある美しいプログラムの世界から。


↑このページのトップヘ